就職時に必要な書類とは、履歴書、職務経歴書、志望動機の三つになります。

どうなる?これからの就職活動!

書類作成のポイント

企業へ就職するためには、いくつか経験しなければいけないことがあります。
その一つが書類作成です。
これは、雇用形態などに関係なく、就職するのであれば、必ず行うことです。
おそらく世界共通の企業文化と言っても、過言ではないかもしれません。
では、書類には、どのようなものがあるのでしょうか?

まず、履歴書になります。
これは、自分史とも言えるもので、年表形式で、学歴と職歴を記載します。
その他、住所などの個人情報、さらに、自己紹介のように趣味なども書き込むようになります。
次に、職務経歴書になります。
これは、主に転職用の書類になるでしょうが、新卒であってもアルバイトなどの経験を記載することで、自己アピールにもつながります。
通常は、履歴書と同様、年代毎に記述しますが、履歴書が簡易的なものなら、職務経歴書は詳細なものになります。
一体、どこで、どのようなことをし、何をもたらし、どんなことを身に付けたのかを記載することが基本です。
最後に、志望動機になります。
これは、希望職種への応募動機とも言えるものです。
転職者であれば、過去の仕事との関係を述べることが基本的ですが、新卒であれば、それまでの経験から来たことなどを盛り込むのが基本のようです。

以上、就職時の書類となっていますが、いずれのものにも、共通点があります。
それは、平易な言葉で、簡潔に作成するということです。
職務経歴書のような詳細な記載が必要なものでも、それが重要なようです。
記事を共有・ブックマークする
このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright (C)2018どうなる?これからの就職活動!.All rights reserved.