添え状は、第一印象を決めるものであり、就職活動の中でも、意外に重要なものです。

どうなる?これからの就職活動!

意外に重要なもの

世の中には、意外に重要なものがあるようです。
就職においても、そういうものがあります。
その典型的なものが、添え状と言われています。
添え状は、手紙のあいさつ文のようであり、就職活動でも、そのように使われます。

しかし、添え状は、人事担当者の最初の目に触れるものであり、第一印象を決めると言われています。
添え状がしっかりしていれば、是非会ってみたいとなるようです。
もちろん、履歴書や職務経歴書と一緒に送るため、そういう書類もきっちり作成しておくことが、大事なようです。
しかし、そういう書類の良さを引き出すために、添え状があるとも言えるのでしょう。
では、添え状には、どう書き込めばいいのでしょうが?
端的に言えば、書類で書き込んでいることを凝縮させることです。
履歴書は、自己紹介的なところがありますが、まずそれを書きます。
そうして、職務経歴書での経験を簡単に記載し、志望動機にも触れるようにします。

今日では、デジタル化の時代でもあり、書類送付もメールという場合があります。
そうなれば、メールそのものが添え状の役割を担っています。
メールと言うと、少々ビジネスを忘れてしまうかもしれませんが、常識を持った文章にすることもまた、就職活動の一環です。
いわば、最初のメールを出す段階から、就職活動が始まっていると言えるでしょう。
そのため、メールと言えと、ビジネス文書を作成する気持ちで、送るようにすべきであり、それがビジネスマナーでもあります。
記事を共有・ブックマークする
このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright (C)2018どうなる?これからの就職活動!.All rights reserved.