面接では、希望職種のスキルばかりでなく、コミュニケーション能力も問われるようです。

どうなる?これからの就職活動!

余裕を持った面接

企業に就職するのであれば、面接は必ずついて回って来ます。
会話が苦手な人であっても、面接を経なければ、就業できないことになっています。
面接の目的の一つは、人柄を見ることのようですが、そればかりでもないようです。

まず、重要なことは、面接官と会話ができるか否かと言うことです。
こういうと、少々変な感じがするかもしれませんが、要するに、コミュニケーションを第一に見ているということです。
面接のセオリーでは、質問されたことに簡潔に答え、わかっていることには、ハキハキ答え、知らないことには、その通りはっきり知らないということです。
これは、ビジネス上でも大切なことであり、限られた時間の中で、交渉などを行うには、コミュニケーションがしっかりしていなければ、成功できないとも言えます。
したがって、大事なことは、意思の疎通がきっちりできるか否かということのようです。
また、企業で働くということは、結局、人と人の関係であり、会話ができなければ、自社はもちろん、他社との付き合いもできないと見なされます。
おそらくビジネスにおける最低限度のスキルということでしょう。
もちろん、面接では、希望職種に見合っているか否かも、問われることは、言うまでもありません。

また、清潔感を持って、面接に臨むことも重要なようです。
髪の毛を整髪し、スーツもきちんとしたものを着て行くことは、就職ばかりでなく、広く社会の常識かもしれません。
なんだかんだ言っても、就職面接もまた、第一印象が大事なポイントのようです。
記事を共有・ブックマークする
このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright (C)2018どうなる?これからの就職活動!.All rights reserved.